手巻きの機械式時計のメリット

機械式時計は大きく二種類あります。それは手巻きと自動巻で、どちらを選ぶのかによって得られるメリットや扱い方が違います。まず手巻きの機械式時計についてですが、読んで字の如く取り付けられているツマミを手で回して内部のゼンマイを巻き上げます。そして巻き上げられたゼンマイが解ける力を利用して、時計の針を動かすという仕組みになっているのです。そのため定期的にゼンマイを巻き上げてやらないと、やがて動かなくなります。そして手巻きの機械式時計のメリットは、部品が少なくてすむため軽いという点です。加えて薄く作れるため、スーツなどの袖口に引っかかりにくいです。扱う際のコツとしては、ツマミを限界まで巻き上げると破損するので、その手前で止めることです。

自動巻の機械式時計の良いところ

時計に詳しくない人の中には、自動巻の機械式時計は放置していても動き続けると考えているかもしれません。しかしそれは勘違いで、タンスの中に入れたままにしておくと、いずれ動かなくなります。ただし腕にはめて適度に振動させてやれば、自動的にゼンマイが巻かれるので止まることはないです。そのため日常的に機械式時計を使う人にとっては、手巻きに比べて手間がかかりません。さて自動巻の機械式時計の最大のメリットですが、なんといっても時間が狂いにくいことです。自動巻の機械式時計は、数年に一秒ほどしか時間がずれないと言われています。また最近では自動巻の機械式時計が主流なので、いろんなデザインのものが売られているので選択肢が多いです。